猫・犬

2011年7月11日 (月)

サモエドの歌(ロシア風) サモエド犬

現在はサモエード系の代表格となっているネネツ人の歌で何かないか探しているのですが、なかなかBuda盤のような伝統的な歌唱は見当たらず、合唱関係で辛うじて今日の2本辺りが見つかりました。枠太鼓はネネツ本来のシャーマニックな楽器ですが、歌は多分にロシア化された歌唱になっています。しかし、ネネツが歌う「真のロシア民謡」に近い感じのハーモニーと言うのは、これはこれで驚きの内容ではあります。Budaのようなフィールドレコーディングの現場を捉えたような映像は、もし見つかればアップしますが、どうやらなさそうです。
併せてサモエド犬の映像も二本。これは、可愛すぎです(笑)

"Sava Se" - 2011 ("Marvelous Melody") - 2

太鼓は別として、歌とハーモニーはロシア的です。

"Sava Se" - 2011 ("Marvelous Melody") - 3

Evelyn and Pearl the Samoyeds Singing

The Amazing Singing Samoyed Dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

ホーミーを聞く猫

今日はちょっと小ネタで行ってみます。友人がよく色々お薦め動画を教えてくれるのですが、これには思わず爆笑してしまいまして(笑)
民族音楽を聞く方には説明不要だと思いますが、ホーミーとはモンゴルの倍音唱法です。簡単に言えば、一人二重唱とでも言えましょうか。このニャンコは、どこからこの不思議な音が出ているのか、目を丸くして、黒目を大きくして追っています(笑) 倍音は猫の耳にはどう聞こえるのでしょうか。(歌っている方がどなたなのかも気になります)
私事ですが97年まで三代猫を飼っていました。実は犬猫は大好きで、三代には色々なCDや楽器の生音を聞かせたりしたこともありました。(幸い逃げられることはなかったです(笑))
しかし、動物との間には必ず悲しい別れが待っていますし、三代との思い出を大事にしたいと思いまして、その後は飼って(飼えて)いません。それに、増殖したPCのコードをかじるのではというのも心配な点です。

ネコにホーミーを聞かせる

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ | New Wave-Indies | アイヌ | アメリカ | アラブ | アラブ・マグレブ | アルゼンチン | イギリス | イスラエル | イスラム教 | イタリア | イディッシュ | イラン地方音楽 | インディアン、インディオ | インド | インドネシア | インド音楽 | ウイグル | ウラル・アルタイ | エジプト | エチオピア | オペラ | オーストラリア | オーストリア | キリスト教 | ギリシア | クルド | クレズマー | ケルト | コンサート情報 | コーカサス (カフカス) | サハラ | シベリア | シャンソン | ジャズ | スイス | スペイン | スポーツ | スーダン | セファルディー | ゼアミdeワールド | チェロ | トルコ音楽 | ドイツ | ナイル・サハラ | ナツメロ | ニュース | ハシディック | ハンガリー | バルカン | バルト語派 | バロック | パキスタン | ビザンツ音楽 | フランス | フランス近代 | ブラジル | ペルシア音楽 | ペルシア音楽 トンバク | ユダヤ | ユダヤ音楽 | ライブ情報 | ルーマニア | レビュー | ロシア | ロシア・マイナー | ロマン派 | ヴァイオリン | 中南米 | 中国 | 中央アジア | 仏教 | 仏教音楽 | 北コーカサス(カフカス) | 北欧 | 南アジア | 南インド古典音楽 | 古楽 | 地中海 | 室内楽 | 弦楽合奏 | 弦楽四重奏 | 後期ロマン派 | 文化・芸術 | 新ウィーン楽派 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 東アフリカ | 東南アジア | 東方教会 | 東欧 | 歌謡曲・演歌 | 民謡 | 独墺 | 猫・犬 | 現代音楽 | 童謡、わらべうた | 筝曲 | 純邦楽 | 西アフリカ | 西スラヴ | 韓国