韓国

2012年3月 7日 (水)

コムンゴとカヤグム

昨日の記事にコメント頂いたので、玄琴(コムンゴ)の方も少し見ておきましょうか。カヤグムと比較してみましょう。コムンゴは玄妙極まりない太い音色を持っています。表記はGeomungoとなっていますが、コムンゴのことです。散調(サンジョ)は即興的に激しく演奏され、シャーマンの語りを聞いているかのようです。
3本目は、散調の母体である巫楽系の合奏音楽シナウィ。楽器編成は様々で、弓奏のヘーグム、横笛のテーグム、ダブルリードのピリ、両面太鼓のチャンゴに、弦楽器のアジェン、カヤグム、コムンゴが色々な組み合わせで演奏されます。キング盤などは大編成ですが、4人くらいで演奏する場合もあるようです。3本目の左はカヤグムで、右から2番目の弓奏している楽器がアジェン。見た目はカヤグムにそっくりです。

Geomungo-Sanjo_Geomungofactory_Fortaleza SESC Senac Iracema_20101110_pm8

한옥 유진하우스에서 홍재동 선생님이 가야금산조를 연주했습니다.

Musique SINAWI, l'Héritage chamanique - Festival de l'Imaginaire

Sinawi, Korean Sanjo Project.AVI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

伽耶琴と杖鼓

シルクロード・プロジェクトには韓国の楽器も入っていましたので、ご紹介しておきましょう。韓国の国楽が日本の雅楽のルーツにあたることはとても有名ですが、主な楽器である伽耶琴(カヤグム)や杖鼓(チャンゴ)は、優雅な国楽とは対照的にも思えるシナウィや散調(サンジョ)のような、シャーマン系の激しいトランス音楽にも用いられます。この点は日本の場合と大いに異なっているように思います。深みのある伽耶琴の音と大きな揺りの入った歌声は、実に素晴らしいと思います。カヤグムより更に深い音色の玄琴(コムンゴ)も、またいつか取り上げたいと思います。

Silk Road Project: Ji Hyun Kim

Silk Road Project: Dong-Won Kim

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ | New Wave-Indies | アイヌ | アメリカ | アラブ | アラブ・マグレブ | アルゼンチン | イギリス | イスラエル | イタリア | イディッシュ | イラン地方音楽 | インディアン、インディオ | インド | インドネシア | インド音楽 | ウイグル | ウラル・アルタイ | エジプト | エチオピア | オペラ | オーストラリア | オーストリア | キリスト教 | ギリシア | クルド | クレズマー | ケルト | コンサート情報 | コーカサス (カフカス) | サハラ | シベリア | シャンソン | ジャズ | スイス | スペイン | スポーツ | スーダン | セファルディー | ゼアミdeワールド | チェロ | トルコ音楽 | ドイツ | ナイル・サハラ | ナツメロ | ニュース | ハシディック | ハンガリー | バルカン | バルト語派 | バロック | パキスタン | ビザンツ音楽 | フランス | フランス近代 | ブラジル | ペルシア音楽 | ペルシア音楽 トンバク | ユダヤ | ユダヤ音楽 | ルーマニア | レビュー | ロシア | ロシア・マイナー | ロマン派 | ヴァイオリン | 中南米 | 中国 | 中央アジア | 仏教 | 仏教音楽 | 北コーカサス(カフカス) | 北欧 | 南アジア | 南インド古典音楽 | 古楽 | 地中海 | 室内楽 | 弦楽合奏 | 弦楽四重奏 | 後期ロマン派 | 文化・芸術 | 新ウィーン楽派 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 東アフリカ | 東南アジア | 東方教会 | 東欧 | 歌謡曲・演歌 | 民謡 | 独墺 | 猫・犬 | 現代音楽 | 純邦楽 | 西アフリカ | 西スラヴ | 韓国