ゼアミdeワールド

2019年1月14日 (月)

Music of the Bukharan Jewish Ensemble Shashmaqam

ゼアミdeワールド143回目の放送、日曜夕方に終りました。16日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。

久々にウズベキスタンの音楽に戻りまして、その8回目になります。7回目には1991年にアメリカのSmithsonian Folkwaysから出ました「ブハラ:アジアの音楽の十字路  Bukhara: Musical Crossroads of Asia」をご紹介しましたが、今回は同じレーベルから出ている「ブハラ系ユダヤ人のウズベク古典音楽 アンサンブル・シャシュマカーム」からおかけします。
シャシュマカームとはペルシア語で6つのマカーム(旋法)を意味しますが、ウズベクのブハラやタジクの旋法体系や、旋法ごとの長大な一連の曲の集まり、あるいはその組曲自体を指します。このシャシュマカームを名乗るブハラ・ユダヤ・アンサンブルは、ソ連崩壊後ニューヨークに移住し活動しているようです。ソ連時代までの中央アジアでは、ユダヤ人とムスリムの音楽家が共存し、伝統文化を花開かせていたそうですが、ユダヤ人音楽家が減ったらしい現在どうなっているのかが気になるところです。

まずは、1983年の創立以来のメンバーである女性歌手Fatima Kuinovaの冒頭のアカペラ歌唱からおかけしますが、ブハラではムスリム、ユダヤ人を問わず特別な歌とのことです。男性歌手アブハイ・アミノフとのデュエットです。

<1 Obloim 3分52秒>
Obloim


2曲目はペルシアの大詩人ジャラールッディン・ルーミーの恋愛詩(ガザル)を基にした曲のようですが、ユダヤ人音楽家による演奏らしく、ユダヤ教の聖典トーラーの詩句も読み込んでいるようです。ヨシフ・アブラモフのタール弾き語りにドイラの伴奏が付いています。

<2 Ghairi Khudo Yar Nadoram (We Have No Friend But God) 2分31秒>
Ghairi Khudo Yar Nadoram (We Have No Friend But God)


この盤の中間部にはUshshaq-i SamarkandやTalqin-i Bayatなどの、これまでに取り上げたシャシュマカームの主要曲が出てきますが、30分という限られた時間ですので、フェイドアウトしたくない終わりの2曲から先にご紹介します。
2曲ともアゼルバイジャンの音楽なのですが、カスピ海の向こう側のアゼルバイジャン音楽というのはエキゾチックな音楽としてウズベクやタジクでポピュラーになっていて、結婚式の音楽としても演奏されるそうです。
2曲目で出てきたヨシフ・アブラモフが見事なアゼルバイジャン・スタイルのタール演奏を聞かせる舞踊曲Yalliからおかけします。本来はダブルリードのズルナと打楽器のダウルで演奏される曲を、タールとドイラで演奏しています。

<12 Yalli 3分28秒>
Yalli


次の13曲目Azerbaijani Segahがこの盤のラストですが、こちらはクラリネットとアコーディオン、ドイラによる演奏です。これがウズベクの音楽家による演奏だろうかと思ってしまう程、見事にアゼルバイジャン音楽になっています。

<13 Azerbaijani Segah 4分31秒>
Azerbaijani Segah


ウズベク音楽を演奏している方に戻りますが、Fatima Kuinovaとタールのヨシフ・アブラモフの素晴らしいデュエットから始まる一種の数え歌Biyo Yak (Come Once)という曲をおかけします。クラリネット、アコーディオン、ドイラも加わって華やかに演奏しています。

<6 Biyo Yak (Come Once) 3分12秒>
Biyo Yak (Come Once)


次の7曲目は結婚式のレパートリーのメドレーですので、この盤の中心と言える曲だと思います。賑やかな合奏が聞けますが、先ほどのアゼルバイジャン・スタイルではない、ブハラの伝統的な結婚式の光景が髣髴とされるような音楽です。

<7 Medley Of Songs From Wedding Repertory 5分40秒>
Medley of Songs from Wedding Repertory: Yar-Yar / Abru Kosh Dumi Mor / Shastu-Shastu Chor /...


では、最後にTalqin-i Bayatを聞きながら今回はお別れです。先ほどタールの妙技を聞かせたヨシフ・アブラモフが、変拍子のこのシャシュマカームのレパートリーを、往年の名手トゥルグン・アリマトフを思わせるようなタンブールで弾き語っています。Ushshaq-i Samarkandは、前にかけましたオコラの古い録音と並べて、また次回以降にかけられたらと思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<8 Talqin-i Bayat 5分11秒>
Talqin-i Bayat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

今年も春の海と六段から

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。結局ブログアップは大晦日以来になりました。ゼアミdeワールド142回目の放送、日曜夕方に終りました。9日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。放送されるのは本放送が6日と言うことで、辛うじて松の内です。

お正月と言えば、宮城道雄の「春の海」を思い出す方が多いのでは、と言う風に一昨年と去年も始めましたが、これまでにかけてない音源を中心に選んでご紹介します。1930年の宮中歌会始の勅題として公示されていた「海辺巌(かいへんのいわお)」に因んで、前年の暮れに作曲した筝と尺八の二重奏曲で、宮城道雄の父の出身地である広島県の鞆の浦を訪れた際の、瀬戸内海の印象を三部形式に乗せて標題音楽風に作曲したこの曲は、今では彼の代表作として親しまれています。正月中はどこに行っても耳にする曲ですが、この曲だけの色々な編成の録音を集めた「春の海 大響演」という2枚組が出ておりまして、その盤からのご紹介です。

一昨年もかけましたが、まずは宮城道雄の自作自演でどうぞ。正月中はどこでもかかっている曲ですが、意外に自作自演を耳にする機会はほとんどないと思います。尺八は初演を勤めた吉田晴風です。
<1 春の海(オリジナル) 6分30秒>
春の海 宮城道雄自作自演


一昨年の正月は、宮城道雄の演奏で、筝の代表的名曲として有名な六段もかけましたが、今回はこの曲を米川文子さんの演奏で聞きたいと思います。初代米川文子さんは著名なロシア文学者の米川正夫氏の妹で、1894年生まれ1995年没の生田流箏曲家です。初代の録音はなかなか珍しいのではと思います。この侘び寂感溢れる美しい曲を書いたのは、江戸時代前期の近世筝曲の祖、八橋検校とされています。

<米川文子 / 六段 6分33秒>
OTAKARA発見隊 筝曲家 米川文子さん

こちらは二代目米川文子さんの紹介番組

「春の海」に戻りまして、1898年生まれの往年の名テノール歌手、藤原義江の管弦楽伴奏歌曲版もありますので、こちらをどうぞ。山田耕筰の歌曲の名唱などで知られるスコットランド人とのハーフの歌手です。

<4 春の海 藤原義江 3分16秒>
藤原義江 Yoshie Fujiwara(Ten.) - 春の海 Haru no Umi (1933)


「春の海」の琴と尺八の組み合わせは他に、宮城道雄の後を継いだ生田流二代目宗家の宮城喜代子と琴古流尺八の青木鈴慕の79年の録音と、宮城道雄にも師事した作曲家でもある唯是震一と都山流尺八の山本邦山の録音などが入っておりまして、特に尺八に芸風の違いが聞こえて興味深いのですが、今回は2018年8月21日に亡くなった二代目青木鈴慕氏の方をおかけしたいと思います。唯是震一と山本邦山の方は、また来年にでもおかけします。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<6 春の海 宮城喜代子と二世青木鈴慕 6分44秒>
”Haru no Umi” 「春の海」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

大晦日のベートーヴェンSQとクレズマー

ゼアミdeワールド141回目の放送、日曜夕方に終りました。放送されるのは30日の夕方のみで再放送は無しと言うことですので、去年と同じく、今日おかけするのは、交響曲第九番に近い時期に作曲されて、似た感じのテーマ性を感じさせる後期の弦楽四重奏曲から第15番の第3楽章と第5楽章です。民族音楽を中心に聞きながらも、バッハの音楽やベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲などは、昔から変わらず聞き続けている西洋のクラシック音楽です。ヌーヴェルヴァーグの監督J.L.ゴダールの映画にも絶妙に引用されていたことは、好事家の方はよくご存知だと思います。
正月の間はブログアップは飛び飛びになるか、出来ないかも知れません。放送原稿の末にも書いておりますが、皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。来年も宜しくお願い致します。

この15番のカルテットは、全部で5楽章から成っていますが、その中でゆったりとした第3楽章は白眉の部分とされています。第九のラストを飾る歓喜の合唱と共通するものを感じる、ベートーヴェン晩年の深い音楽です。

以下ウィキペディアの解説を読み上げてみます。

第3楽章 "Heiliger Dankgesang eines Genesenen an die Gottheit, in der lydischen Tonart" Molto Adagio - Andante
ヘ調のリディア旋法、五部形式
「リディア旋法による、病より癒えたる者の神への聖なる感謝の歌」と題された、最も長い楽章。全体のクライマックスに位置している。ゆっくりとしたヘ調の教会旋法による部分と、より速めの「新しい力を得た」ニ長調の部分の交替で構成される。この楽章は、ベートーヴェンが恐れていた重病から快復した後に作曲されたため、上記のような題名が付された。

<3 Beethoven String Quartet No.15 In A Minor, Op.132 - 3. Molto Adagio 16分18秒>
Beethoven: String Quartet No.15 in A minor, Op.132 - 3. Canzona di ringraziamento offerta alla...


続きまして4楽章を飛ばして終楽章の第5楽章ですが、「失われた時を求めて」で知られるフランスの小説家マルセル・プルーストが、「ベートーヴェンでは、後期のピアノソナタや弦楽四重奏曲第15番の最終楽章を好み、真夜中に自室に楽団を呼んで演奏させたこともある」というエピソードを読んだことがあります。当時の有名なカペー弦楽四重奏団だったのかも知れません。この楽章の主題にはもの凄い秘話がありまして、実は第九の終楽章の主題として予定されていたそうです。それがあの合唱付に差し替えられました。もしこの曲が採用されていたら、憂いを含みながら素晴らしく情熱的で力動感溢れる名旋律ではあっても、器楽曲ですから、年末に第九が恒例になるようなことはなかったのではと思います。去年はブダペストSQでしたが、今年はハーゲン弦楽四重奏団の演奏でおかけします。古風で芳醇なブダペストSQとは一味違って、現在の弦楽四重奏団の最高峰とも言われるカルテットの名演です。

<5 Beethoven String Quartet No.15 In A Minor, Op.132 - 5. Allegro Appassionato 6分33秒>
Beethoven: String Quartet No.15 in A minor, Op.132 - 5. Allegro appassionato


では、最後に前回かけられなかったクレズマー・コンサーヴァトリー・バンドの87年に出たOy Chanukah!から、冒頭のA Freylekhe Nakht in Gan Eydnから始めて、時間までこの盤から続けたいと思います。今年のハヌカーは、12月2日から10日まででしたから、先週には既に終わっていました。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

<1 Klezmer Coservatory Band / Oy Chanukah! ~A Freylekhe Nakht in Gan Eydn 1分48秒>
A Freylekhe Nakht In Gan Eydn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

クリスマスとハヌカーの音楽

ゼアミdeワールド140回目の放送、日曜夕方に終りました。26日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。今日は取り合えず、ウィーン少年合唱団とジャン・ピアースのマ・オズ・ツールのみ上げました。

ウズベキスタンの音楽巡りの途中ですが、放送されるのが23日と26日ということで、今回はクリスマス特集、その次の30日は2日の再放送枠が無しですので、第九に類似の締めくくりの音楽、新年の最初は6日と9日ですから、正月関連の純邦楽を予定しております。このパターンが、この番組を始めてから年末年始の恒例になっております。

2年前にもかけましたが、ドイツ・グラモフォンから出ていた「聖地のクリスマス音楽」から、「ベツレヘム生誕教会の鐘」をおかけします。キリスト生誕の地とされるベツレヘムのギリシア正教会での録音で、東方的な渋みや深みを感じさせる音です。

<22 聖地のクリスマス音楽 ~ ベツレヘム生誕教会の鐘 1分15秒>

2~4曲目はローマ・カトリック教会の聖歌で、女声によって歌われるグレゴリオ聖歌の一種でラテン語で歌われています。この盤の中では唯一の西方教会の音楽で、異色の音源になっていると思います。その中から夜中のミサ:アレルヤ唱をどうぞ。

<3 聖地のクリスマス音楽 ~ ローマ・カトリック教会の聖歌 夜中のミサ:アレルヤ唱 2分>

この盤からもう一曲、古シリア教会の聖歌で、最も早くからキリスト教化された地方ですから、ユダヤ教の流れも汲む古い典礼のスタイルが残っているようです。言葉はイエス・キリスト自身が話したと伝えられる古いシリア語の一種のアラム語が現在も主に使われています。

<18 聖地のクリスマス音楽 ~古シリア教会の聖歌 アレルヤ、アレルヤ 2分20秒>

このアルバムに収録されているのは、イスラエルのエルサレムやベツレヘムでの東方諸教会の音源で、この地で2000年前にキリスト教が生まれた頃に近い響きを持っていると思われる音楽が中心です。2年前には、この盤からキリスト教の東方的ルーツを訪ねた、ギリシア正教会、エチオピア教会、エジプトのコプト教会、シリア教会、アルメニア教会、レバノンのマロン派の音源を中心にご紹介しました。今回は一般にもよく知られているクリスマス・キャロルもおかけして、その後でユダヤで同じ時期に祝われるハヌカー関連の音源もご紹介します。

よく知られるクリスマス・ソング2曲をウィーン少年合唱団の歌唱でどうぞ。最初がドイツ民謡「もみの木」で、2曲目は1818年にフランツ・グルーバーが作曲した「きよしこの夜」です。

<22 ウィーン少年合唱団ベスト もみの木 1分38秒>
O Tannenbaum by the Vienna Choir Boys


<23 ウィーン少年合唱団ベスト きよしこの夜 2分40秒>
Stille Nacht (Silent Night )


次にユダヤのハヌカーですが、ユダヤの世界にはキリストの生誕を祝うクリスマスというのは無いのですが、まるで対抗するかのようにほぼ同時期にハヌカーという祭りがあります。ハヌカーはユダヤ教の年中行事の一つで、紀元前168年~紀元前141年のマカバイ戦争時のエルサレム神殿の奪回を記念する「宮清めの祭り」です。

9本の燭台ハヌキヤーに一日一つずつ点灯した後、マーオーズ・ツール ma‘oz tzur (『砦の岩よ』)という、13世紀ドイツに起源を持つ賛歌などが歌われます。そのマーオーズ・ツールを、往年の名テノール歌手ジャン・ピアースの歌唱と合唱団でおかけします。彼はユダヤ教の会堂、シナゴーグの合唱長カントールでもありました。

<15 Jan Peerce / The Art of the Cantor ~Mo Os Tzur 6分22秒>
Jan Peerce - Mo'os Tzur and Blessings for Chanukah


15世紀のレコンキスタでスペインから追放され、北アフリカやバルカン半島など多くは旧オスマン帝国内に離散したスペイン系ユダヤ人は、セファルディーと呼ばれますが、彼らの民謡を演奏するグループVoice of the Turtleは「ハヌカー・コンサート」という盤が最初に出ました。その中からハヌカーという曲をどうぞ。

<10 Voice of the Turtle / Circle of Fire ~Hanuka 3分10秒>

ハヌカーの歌には、東欧系ユダヤのイディッシュ語ではドレイドル、ヘブライ語でスヴィヴォンという木製の独楽(コマ)についての歌がよく知られていますが、有名な旋律の入った盤がすぐに見当たりませんでした。このコマには四面に反時計回りに、ヘブライ文字のヌン、ギメル、ヘー、シンの文字が描かれていて、イディッシュ語の「nisht(ドイツ語: nichts 何もない)、gants(ganz 全部)、halb(halb 半分)、shtel(einstellen 置く)」の頭文字ですが、しばしばヘブライ語で「ネス・ガドール・ハヤ・シャム、そこで偉大な奇跡が起こった」の頭文字と解釈されています。

このドレイドルについては、東欧系ユダヤの祝祭音楽の一種であるクレズマーでよく演奏されています。クレズマー・リヴァイヴァルの中心的グループであるクレズマー・コンサーヴァトリー・バンドの87年に出たOy Chanukah!から、ドレイドル・ソングをおかけして、その後は時間までこの盤の冒頭から続けたいと思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<19 Klezmer Coservatory Band / Oy Chanukah!  ~Dreydl Song 3分25秒>
<1 Klezmer Coservatory Band / Oy Chanukah!  ~A Freylekhe Nakht in Gan Eydn 1分48秒>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

ブハラのユダヤ教とイスラーム

ゼアミdeワールド139回目の放送、日曜夕方に終りました。19日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。次回はクリスマスとハヌカーの特集を考えておりますので、今日はとりあえずユダヤ教の音源の方を上げておきました。

ウズベキスタンの音楽の7回目になります。今回は1991年にアメリカのSmithsonian Folkwaysから出ました「ブハラ:アジアの音楽の十字路  Bukhara: Musical Crossroads of Asia」の音源をご紹介したいと思います。まずこの盤について音楽之友社から2002年に出た「世界の民族音楽ディスクガイド」に書いた拙稿を読み上げてみます。何度も言いましたが、この本は10年ほど前に今治市立中央図書館に寄贈してありますので、よろしければ是非ご覧下さい。

古都ブハラは古くから様々な文化の十字路だった。仏教、イスラム、ヒンドゥー、ゾロアスター教、ネストリウス派キリスト教、東方系ユダヤのそれぞれに属する人々がこの町にコミュニティを作って暮らしていたと言うが、この盤は1990年のこの町の音の記録である。素朴なウズベクの民謡や、イスラム宗教歌、ユダヤ宗教歌が主な収録曲。シャシュマカームの重要な担い手がいたユダヤ系住民はウズベクの独立後ほとんど移住してしまったそうだ。正にコミュニティ崩壊直前の貴重な記録だろう。同レーベルからはシャシュマカーム・アンサンブルというニューヨークに移住したユダヤ系グループの盤もあるが、こちらもユダヤ系の貴重音源がひしめいている。

タイトルを見ただけで分かるユダヤ教の宗教歌が4曲と、イスラムの宗教歌が3曲入っておりまして、特にユダヤ教の方は貴重音源だと思います。何故タイトルだけで分かるかと言いますと、名高い曲名がヘブライ語とアラビア語でそれぞれ書かれているからですが、ユダヤ教の方はおそらく現地では現在聞くことが難しくなっているかも知れない古い節回しを聞けて、ウズベク以外の他のユダヤコミュニティーの同じ祈祷文の朗誦と比較できることも大きなポイントです。セム一神教の初代と三代目の音源が入っているので、二代目であるキリスト教の音源も聞いてみたいものですが、さすがにネストリウス派キリスト教や、更には仏教、ゾロアスター教の音源まではありませんでした。

まずはユダヤ教のヤー・リボン・オラムですが、これはヘブライ語ではなくアラム語という別なセム系の言語で、「この世界の主」を意味します。旧約聖書の大部分はヘブライ語で書かれていますが、イエス・キリストの頃にはアラム語の方が主に使われるようになっていたと言われています。Yah Ribbon Olamは、キリスト教で言えば頌栄に当たるでしょうか? 重要な神への賛美の歌です。東欧系ユダヤのハシディック・ソングなどでは、色々な旋律がつけて歌われています。祈祷文朗誦そのものですが、これはそのブハラ版です。

<9 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Yah Ribbon Olam 1分32秒>
Yah Ribbon Olam


次はユダヤ教の聖典トーラー朗誦です。トーラーとは、旧約聖書の最初の5書を指しますが、毎年この5書を輪読しています。シャバト(安息日)に読まれるトーラーの朗誦はなかなか録音許可が出ないようなので、特に貴重音源だと思います。同じトーラーを読んでもコミュニティーによって節が様々で、これはそのブハラ版ということになります。ここで読まれているのは、トーラーの最初の書である創世記の41章11~21節です。

<10 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Reading From Torah 2分54秒>
Reading from the Torah


次はシャバト(安息日)の祈り、シャローム・アレイヘムとキドゥーシュです。ヘブライ語のシャローム・アレイヘムは「あなたの上に平安を」と直訳できる祈祷文ですが、日常の挨拶の言葉にもなっています。アラビア語で「こんにちわ」は、アッサラーム・アレイクムですから、同じセム系の言葉と言うことで、いかに似ているかよく分かるかと思います。キドゥーシュは、シャバトに飲まれる葡萄酒を讃える歌です。

<11 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Shalom Aleichem And Kiddush 3分2秒>
Shalom Aleichem and Kiddush


最後はこの盤のラストを飾っているゾハルですが、これはユダヤ神秘主義カバラーの聖典ゾハルとすぐに分かるタイトルです。東欧などヨーロッパの方だけでなく、中央アジアのユダヤコミュニティーにも伝わっていたことがこの音源から分かります。

<13 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Zohar 2分38秒>
Excerpt from the Zohar


続いてイスラム教の方ですが、祈りへの召喚の朗誦アザーンです。アザーンもイスラム圏の国によって節が少なからず違っています。

<7 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Azan 1分55秒>

続いてイスラム神秘主義(スーフィー)の方のナアトですが、パキスタンなどの宗教歌謡カッワーリでは、預言者ムハンマドへの賛歌として知られていますが、ブハラでも同じでした。

<8 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Na't 3分21秒>

次のカランダルもスーフィーの歌で、wandering dervish(彷徨う托鉢僧)によって歌われてきたそうです。このタイトルもヌスラット・ファテ・アリ・ハーンなどのカッワーリでよく目にします。
この盤の後半にユダヤ教とイスラム教の音源がまとめて入っていますが、イスラムのアザーンとナアトがまず入って、その後ユダヤ教の宗教歌3曲が続き、両方の神秘主義の歌がイスラム、ユダヤの順に入っていますが、曲順には編集者の意図が窺われます。

<12 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Qalandar 4分6秒>

では、最後にこの盤の前半の3曲目、Songs From The Sozanda Repertoryを時間まで聞きながら今回はお別れです。セム一神教の初代ユダヤ教と三代目イスラームの、男性の朗誦のみの宗教歌とはがらっと変わりまして、枠太鼓ダイェラを叩きながら女性が賑やかに歌っています。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 Bukhara: Musical Crossroads of Asia ~Songs From The Sozanda Repertory 13分32秒 抜粋>
Songs from the Sozanda Repertory

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

ブハラ系ユダヤ人音楽家1

ゼアミdeワールド138回目の放送、日曜夕方に終りました。12日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。イシャコヴァの名ですが、キリル文字の綴りから判断すると、イスハコヴァと発音するのが近そうです。オコラ盤の曲は見つかっておりませんが、何とこの人のムナージャトがありましたので、今日はこちらを上げておきました。是非ユルチエヴァの歌唱と比較してみて下さい。

MUNOJOT Barno Iskhakova Uzbek Music O'zbek Барно Исхакова Муножот


ウズベキスタンの音楽の6回目になります。今回は前回と同じオコラからの2枚組「中央アジア 古典音楽の伝統」を中心に、ユダヤ系音楽家の演奏を取り上げたいと思います。中央アジアのウズベクとユダヤと言うのは、一般にはなかなか結び付かないかも知れませんが、ブハラ系ユダヤ人は古代パレスチナから離散したユダヤ人の中でも、最も古いグループの一つと言われています。第2神殿時代の1世紀のローマ帝国からの離散より500年も前の、第1神殿時代の紀元前6世紀のバビロン捕囚からの解放以後、カナンの地に戻らなかった、いわゆる「イスラエルの失われた10支族」の一つと自称してきたそうです。彼らブハラ系ユダヤ人はウズベクの古典音楽シャシュマカームの重要な担い手であったようで、CDもかなりあります。イラン、イラク、イエメン、シリア、クルドなど中東各地に離散したグループと共に、ヘブライ語で東方系を意味するミズラヒームと呼ばれまして、東欧系ユダヤのアシュケナジーム、スペイン系ユダヤのセファルディームと共に、大きな3つのグループの一つになります。後者2つは、それぞれの地域に回った際に取り上げます。
まずはオコラの2枚組「中央アジア 古典音楽の伝統」には、大御所の女性歌手バルノ・イシャコヴァの歌唱が3曲入っておりますので、その中からChahargahをおかけします。格調高い名唱を聞かせています。ダイェラを叩きながら歌っているのがバルノ・イシャコヴァ、ラバーブがナルカラーイェフ、ドタールがホダーヴェルディエフです。
(放送では、ラバーブとあるのが擦弦楽器だと思うので、おそらくギジャクでしょうと訂正したつもりでしたが、その際に間違えて撥弦と言ってしまっておりました)

<1-6 Asie centrale - Traditions classiques ~Chahargah 7分58秒>

続けてQashqarcha-ye Mogholcha-ye Dogahという曲もイシャコヴァの歌唱ですが、ウイグル西部のカシュガルと、アフガニスタンのヘラート州に定住するモンゴル系民族のモゴールを思わせるタイトルが気になります。モゴールチャと言うのは4分の4のリズムを指し、詩は何と、シタールやタブラを北インドにもたらし、カッワーリの創始者でもある中世インドの音楽家アミール・ホスロー作とのことです。チャハールガーと同じ3人による演奏です。

<1-7 Asie centrale - Traditions classiques ~Qashqarcha-ye Mogholcha-ye Dogah 4分31秒>

ウズベクのユダヤ系音楽家は他にもイリアス・マラーイェフの演奏がこの2枚組に入っていますが、この人の音源はShanachieのソロアルバムAt the Bazaar of Loveの方がいいと思いますので、そちらからおかけします。ウズベク本国での政情不安から、バルノ・イシャコヴァはイスラエルへ、イリアス・マラーイェフや米Smithsonian Folkways盤のあるブハラ・ユダヤ・アンサンブル・シャシュマカームはニューヨークへ移住しています。ジャケットでタンブールを構えている1936年生まれのイリアス・マラーイェフがリーダーで、ソ連崩壊後の1992年にニューヨークに移住し新天地で活動しているようです。
2分弱のTasnif-I Buzrukから、11分を越えるSaraxbarにかけて、NYで大らかな中央アジア音楽をたっぷりと奏でています。少しカッワーリに似て聞こえるようにも思います。Timeless Central Asian Maqam Musicという形容がぴったりです。更にもう一曲かける予定ですが、時間までどうぞ。

<1 Ilyas Malayev Ensemble / At the Bazaar of Love ~Tasnif-I Buzruk 1分42秒>

<2 Ilyas Malayev Ensemble / At the Bazaar of Love ~Saraxbar 11分10秒 抜粋>
Ilyas Malayev with group

Ilyas Malayevも同じ曲はなかなか出てきそうにありませんので他の曲ですが、これはおそらくウズベク時代の映像でしょう。

では、最後にオコラ2枚組に入っているバルノ・イシャコヴァのもう一曲、Dar Kucha Budamを時間まで聞きながら今回はお別れです。彼女が一人でダイェラを叩き歌っています。オコラ2枚組のラストを飾っているこの曲は、ブハラ系ユダヤのドリンキング・ソングとのことです。歌詞はタジク語の大衆詩とありますが、ブハラ語というヘブライ語の痕跡を残したタジク・ペルシア語なのかも知れません。ブハラのユダヤ宗教歌の音源も米Smithsonian Folkwaysの「ブハラ アジアの音楽の十字路」には入っていますので、また後日おかけしたいと思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<2-15 Asie centrale - Traditions classiques ~Dar Kucha Budam 3分47秒>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

Asie centrale - Traditions classique (Ocora)

ゼアミdeワールド137回目の放送、日曜夕方に終りました。5日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。放送では間違えてウズベクの7回目と言っていたようです。Bayat-e Shiraz Talqinchasiは音源がありました。Turgun Alimatovはセガーは見つかっていませんが、貴重な動画がありましたので、代わりに一本上げておきました。

ウズベキスタンの音楽の5回目になります。今回は、現代ウズベクの歌姫モナージャト・ユルチエヴァの、先週ご紹介しましたオコラのソロ盤より前に出ていました、同じくオコラからの2枚組「中央アジア 古典音楽の伝統」から、少し若い頃の歌唱と、彼女の先輩達の名演奏からご紹介して行きます。ゼアミHPに載せているこの盤の解説を読み上げてみます。

ウズベク~タジクの古典音楽の精華を2枚に集めた中央アジア音楽ファン必携盤。器楽独奏有り、歌有りで、演奏家や曲目の紹介も充実した解説も貴重。巨匠トゥルグン・アリマトフのタンブールに始まり、若手名歌手ユルチエヴァの歌が3曲、ユダヤ系のベテラン女性歌手バルノ・イシャコーヴァ、ブハラのアリ・ババハーノフ等々とウズベク各地の古典音楽の重鎮が並ぶ。タジクの方は音楽のゆったりとした印象自体はウズベクに近いが、こちらはペルシア系民族だけあってその如何にも中央アジア的なタンブール弾き語りにもルーミーの「葦笛の歌」などが飛び出す。演奏家は名歌手ジュラベク・ナビエフ他で、ユダヤ系のバルノ・イシャコーヴァはこちらにも名を連ねている。録音は1990~93年

まずは、2曲目のバヤーテ・シーラーズ・タルキンチャスィですが、スーフィーの儀礼でも歌われてきたというこの曲は、フェルガナ・タシケント派のKhalqiというレパートリーに属するそうです。アゼルバイジャンのバヤーテ・シーラーズを思い出しながら聞くと、類似点、相違点が聞こえてくるかと思います。ゆったりとしながら、少し間延びする部分があるように感じるのは、3+2+2+2という変拍子になっていることにあるようです。トルコのアクサクを思い出させるリズムです。演奏は歌がモナージャト・ユルチエヴァ、タンブールがトゥルグン・アリマトフ、枠太鼓ダイェラがR.ザキロフです。1922年生まれの巨匠トゥルグン・アリマトフと録音当時は若手のユルチエヴァの共演を聞ける貴重な録音です。

<1-2 Asie centrale - Traditions classiques ~Bayat-e Shiraz Talqinchasi 4分>
Munâjât Yulchieva


ユルチエヴァの歌唱は3曲入っていますが、時間の都合で3曲目のOlturghusiは飛ばしまして、4曲目にはFarghanacha Shahnazという曲が入っています。これも聞き覚えがある方は、アラブのシャーナーズを思い浮かべて聞いてみて下さい。3曲目、4曲目にはユルチエヴァとアンサンブルと書かれているだけですので、演奏者の詳細は不明ですが、2曲目のような小編成ではなく、少なくとも5,6人はいると思います。3曲目、4曲目共に、やはりフェルガナ・タシケントのスタイルですが、チャハール・マカームの一部ではないとのことです。

<1-4 Asie centrale - Traditions classiques ~Farghanacha Shahnaz 6分20秒>

1枚目には巨匠トゥルグン・アリマトフの独奏が2曲入っておりますので、今回2曲共かけておきます。この人はタンブール、ドタールと、タンブールを弓で弾くサトの名人で、ゆったりとくゆらせるような悠揚迫らぬ演奏には、ウズベク音楽の真髄があると思います。私が特に驚いたのが12曲目のタンブールによるSegahの演奏で、音色だけでなく装飾の付け方まで北インドのサロッドにとても似て聞こえますが、いかがでしょうか。アリマトフによると、トランスオクシアナのセガーは、イランのセガーとは関係がないそうです。日本の琵琶に似た表現もあります。まずこちらからどうぞ。

<1-12 Asie centrale - Traditions classiques ~Segah 6分12秒>
Turgun Alimatov - Rokhat - The Pleasure (Tanbur)


戻って11曲目はサトの即興演奏です。タンブールを立てて弓で弾く楽器で、このNalaという曲は、特定の旋律には基づいてないそうです。

<1-11 Asie centrale - Traditions classiques ~Nala 4分24秒>

では、最後に1枚目の1曲目Nowruz-e Ajamを時間まで聞きながら今回はお別れです。トゥルグン・アリマトフのサトとアリシェル・アリマトフのタンブールの二重奏です。ブハラのシャシュマカームの一つ、セガーの一部sho`baと名前は共有しているけど、やはり旋律的には無関係な、トゥルグン・アリマトフ作の一曲とのことです。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1-1 Asie centrale - Traditions classiques ~Nowruz-e Ajam 5分6秒>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

Monajat Yultchieva / Ouzbekistan

ゼアミdeワールド136回目の放送、日曜夕方に終りました。28日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。動画はなかなか見つからず、放送ではわずかしかかけられなかったウッシャークだけありました。

ウズベキスタンの音楽の4回目になります。今回は、現代ウズベクの歌姫モナージャト・ユルチエヴァの、95年に出て2008年に再発されたオコラ盤の続きを聞いていきたいと思います。
伴奏しているのは、長棹リュート系弦楽器のラバーブがユルチエヴァの師匠のシャヴカット・ミルザエヴ、擦弦楽器ギジャクがアフマド・ジャン・ダダーエフ、サントゥールに似た打弦楽器のチャングがティムール・マフムードフ、2弦のドタールがマリカ・ズィアーエヴァとソルターン・アリ・ホダーヴェルディエヴ、横笛ナイがアフマド・ジャン・ソビロフ、枠太鼓のダイェラがファルハド・ダダーエフとマムール・ジャン・ミルダダーエフです。
前々回におかけしました彼女の名前と同じモナージャトの次に入っているのは、Tanavarという曲です。いかにも西域的な快活なイメージで、また哀愁のある旋律で、これは日本人受けする曲調なのではと思います。

<2 Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Tanavar 6分23秒>

6曲目には同じTanavarという曲がありますが、器楽のみによる演奏で、ユルチエヴァの師匠のシャヴカット・ミルザエヴの父のモハンマド・ジャン・ミルザエヴによって1933年に書かれた舞踊曲だそうです。

<6 Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Tanavar 4分16秒>

7曲目と8曲目にはチャルガーとウッシャークというウズベクの主要マカーム名を冠するいずれも8分を越える歌唱が入っていますが、どちらかは途中までになると思いますので、リズミカルで親しみやすい9曲目のSaqiname-i-Bayatを先にノーカットでかけておきたいと思います。これも主要マカームのバヤートですが、ウズベクではブハラのナヴァーに基ずくようです。何よりペルシア語のサーキナーメの名に惹かれる曲です。サーキナーメとは、訳すと「酌人の書」となりますが、ここでの酒とは「イスラム神秘主義的な愛」のことを指します。

<9 Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Saqiname-i-Bayat 3分41秒>

では、7曲目と8曲目のチャルガーとウッシャークを時間まで聞きながら今回はお別れです。ここで演奏されているチャルガーは、フェルガナ・タシケント派のマカーム・チャルガーの第一部に当たり、詩は19世紀のコーカンドの王女ナディラが書いたそうです。7曲目で終わるかも知れませんが、8曲目まで入るようでしたら、間で曲名だけ入れます。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<7 Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Chargah 9分27秒>
<8  Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Ushshaq 8分18秒>
Муножот Йўлчиева / Munojot Yo'lchiyeva - Ushshoq / Ушшоқ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

ルスタビ・アンサンブル

ゼアミdeワールド135回目の放送、日曜夕方に終りました。21日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。ルスタビの松山公演の日付を、放送では間違えて11月11日と言ってしまっておりました。訂正いたします。正確な発音に近いのは「ルスタヴィ」だと思いますが、最近日本では「ルスタビ」で広まっているので、今回はこの表記にしておきます。今週一週間ブログはグルジアで行きますので、各曲はまた後日探すことにしまして、首都トビリシでの長い映像を一本上げておきます。ゼアミブログには、コーカサスのカテゴリーで、昨年末と何年か前にもたくさん上げておりますので、宜しければご覧下さい。

Ensemble Rustavi - Great performance at Tbilisi Concert Hall


ウズベキスタンの音楽巡りの途中ですが、11月12日にグルジア(ジョージア)のルスタビの松山公演を見に行って来まして非常に素晴らしかったので、去年の末頃の放送でグルジア音楽は一通り回り、ルスタビの音源もかけましたが、先日会場で手に入れた男声合唱中心のルスタビの音源をご紹介したいと思います。かつてアメリカのNonesuchなどから音源がありましたが、この盤はおそらく最近のメンバーによる新録音ではないかと思います。 ステージでは華やかで美しい女性の踊りや、男性の勇壮でアクロバティックな剣の舞に目が奪われましたが、何よりもストラヴィンスキーが「人類の作った最高の音楽」と絶賛した男声合唱は、やはり圧倒的な迫力がありました。生で聞くことが出来て、大変に感激した次第です。終演後に歌い手を目の前で見ると、ものすごく体格が大きくてびっくりしました。まるで栃ノ心が11人いるようで、この身体だから出せる声なのだろうと思いました。バックの伴奏陣の演奏も素晴らしく、アコーディオンとカフカス・ドラムを軸に、弦楽器パンドゥリとチョングリ、縦笛サラムリの演奏など、どれも非常に素晴らしかったです。

まずはいかにもグルジアの男声合唱らしい一曲目のMravalzhamieriからどうぞ。

<1 Mravalzhamieri (Grdzeli Kakhuri) 5分>

2曲目には公演の曲目であるディダヴォイ・ナナが入っております。チョングリ伴奏でしっとりと歌われる悲しみを湛えた歌です。「チョングリよ、私とおまえの苦しみを歌おう。お前は何が出来る? 死を前にした私を、お前は助けることはできない。事態は悪く運んだ。なんと不幸なんだ! あらゆる痛みが私を襲う。」

<2 Didavoi Nana (Ase Chonguri) 3分12秒>

7曲目のChonguroも公演の曲目で、「チョングリよ」と訳されています。4弦のチョングリは3弦のパンドゥリより低音が豊かなので、サラムリとのトリオの際などにはベースを担当しているようです。この歌ではチョングリに対し、「ゆっくり、ゆっくりと、お前の甘い響きが私の心を喜びで満たすように」と呼び掛けています。

<7 Chonguro 4分8秒>

ヨーデルのような裏声パートのクリマンチュリが活躍する西部グリア地方のハッサンベグラも公演で聞けました。ロシアの大作曲家ストラヴィンスキーが「人類の作った最高の音楽」と形容したのは、この曲だったようです。

<24 Khasanbegura 3分10秒>

チャクルロも19番目の演目でしたが、CDではラストに入っています。ジョージア・ポリフォニーの傑作で1977年にNASAのボイジャーによって宇宙に送られた内の一曲だそうです。歌詞の内容は、敵の襲撃を前にして、死をも恐れず勇敢に戦う、グルジア人の愛国精神が遺憾なく描かれた曲とのことです。

<25 Chakrulo 5分15秒>

この盤には、サラムリ、パンドゥリ、チョングリの器楽トリオ演奏も入っておりますが、今回は同種の音源として新世界レコードから出ていた「シルクロード音楽の旅」からムツェム・スリと、もし時間が余れば、公演でも聞けたダブルリードのドゥドゥキと太鼓ドールによるミトゥルリも時間までおかけしたいと思います。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<20 ムツェム・スリ (グルジア) 1分31秒>
<21 ミトゥルリ (グルジア) 3分24秒>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

ユルチエヴァのモナージャト

ゼアミdeワールド134回目の放送、日曜夕方に終りました。14日20時半に再放送があります。よろしければ是非お聞き下さい。月曜はグルジアのルスタヴィの松山公演を見に行っておりまして、ブログアップはお休みしました。今日の動画ですが、ユルチエヴァのムナージャトだけライブ版で見つかりました。ドタール独奏は、また後日探してみます。

ウズベキスタンの音楽の3回目になります。今回は前回かけられなかった音源からご紹介したいと思います。 まず曲名で気になっていた、サマルカンドとフェルガナという地名を冠したUshshaq-i SamarqandとFerghana suwaraの2曲です。ウズベク中部のサマルカンドと、東部のキルギスと入り組んだ地方にあるフェルガナでは、音楽にどんな違いがあるかのサンプルになるかと思いました。
フェルガナ生まれの現代ウズベクのディーヴァ、モナージャト・ユルチエヴァですが、Ferghana suwaraを歌っているマアムール・ジャン・ウザコフは、ユルチエヴァの師匠のシャヴカット・ミルザエヴの父のムハンマド・ジャン・ミルザエヴが弾くカシュガルのルバーブなどの伴奏で歌うことが多かったようです。私は両方聞いているので、確かに通じるものがあるように感じました。ウッシャークはウズベクの旋法体系のシャシュマカームの一つかと思いますが、スワラと言うのは、おそらく詩の形式ではと思いました。ペルシア語の詩の明るいウッシャーク・サマルカンドと、どこか憂いのあるフェルガナ・スワラ、どちらもウズベクらしい美しさがあります。ウズベク語はテュルク系ですが、この辺りは古代にはイラン系のソグド人が活躍した地でもありますので、アム川とシル川の間のトランスオクシアナ(これはヨーロッパからの呼称で、アラビア語ではマー・ワラー・アンナフル)の辺りは今でもイラン系のタジク語がかなり使われています。
では2曲続けておかけしますが、間でFerghana suwaraの曲名だけ再度入れます。

<11 Ushshaq-i Samarqand/ザイナブ・パールヴァーノヴァの歌と民族楽団 5分3秒>

Ushshaq-i Samarqandは1951から60年頃の録音でした。次はFerghana suwaraで、1958年から62年の間の録音とのことです。

<12 Ferghana suwara/マアムール・ジャン・ウザコフの歌と民族楽団 4分59秒>

では、今回はモナージャト・ユルチエヴァの代表的な一曲「モナージャト」をおかけしておきたいと思います。95年に出て、2008年に再発されたオコラからの彼女のソロ・アルバムについて、音楽之友社から2002年に出た「世界の民族音楽ディスクガイド」に書いた拙稿を読み上げます。

ウズベキスタンの歌姫(1960年生まれ)の記念すべきオコラ盤。これぞウズベクというべき悠々たるテンポでしっとり歌われる彼女の愛称と同じ名のMonajat(祈りの意)は特に絶品。元々器楽演奏されていたスーフィーの祈りの旋律だそうだが、ウズベクのモスクの青が眼前に浮かぶような、チムール時代にトリップしてしまいそうな香り高い感動的な名曲だ。ナイーヴで清々しく、既に風格と上品さを備えたフェルガナ-タシケント派のスター歌手として知られ、世紀に一人の逸材とまで言われている。

<1 Monajat Yultchieva / Ouzbekistan ~Monajat 8分49秒>
''Munojot''


ユルチエヴァの名唱は、他の音源と並べて次回以降も聞いて行きたいと思います。歌が続きますので、最後に器楽演奏を入れたいと思います。スイスVDE-Galloの「中央アジアのドタールの名手たち」に、ウズベクの音源では、「ブハラのドタール」としてアブドラヒム・ハミードフの演奏が2曲入っております。仏Ocoraから出ていた廃盤アイテム「ドタールの芸術」に収録されていた名手で、イランMahoor Institutの「トランスオクシアナのドタール」で超絶技巧を聞かせた女流名人ゴザル・ムミノヴァの師匠です。ブハラのシャシュマカームの古典曲ギリャと、バヤト・カラ・キョズの2曲ですが、後者はカスピ海東北部のホラズムの伝統的都市音楽のレパートリーに属し、アゼルバイジャンから伝わったそうです。時間までこれらの曲を聞きながら今回はお別れです。2曲目は、入らなかったら、またの機会に回します。

ゼアミdeワールド お相手は、ほまーゆんでした。有難うございました。ではまた来週

<1 ブハラのドタール ギリャ 5分1秒>
<2 ブハラのドタール バヤト・カラ・キョズ 3分23秒>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

J.S.バッハ | New Wave-Indies | アイヌ | アメリカ | アラブ | アラブ・マグレブ | アルゼンチン | イギリス | イスラエル | イスラム教 | イタリア | イディッシュ | イラン地方音楽 | インディアン、インディオ | インド | インドネシア | インド音楽 | ウイグル | ウラル・アルタイ | エジプト | エチオピア | オペラ | オーストラリア | オーストリア | キリスト教 | ギリシア | クルド | クレズマー | ケルト | コンサート情報 | コーカサス (カフカス) | サハラ | シベリア | シャンソン | ジャズ | スイス | スペイン | スポーツ | スーダン | セファルディー | ゼアミdeワールド | チェロ | トルコ音楽 | ドイツ | ナイル・サハラ | ナツメロ | ニュース | ハシディック | ハンガリー | バルカン | バルト語派 | バロック | パキスタン | ビザンツ音楽 | フランス | フランス近代 | ブラジル | ペルシア音楽 | ペルシア音楽 トンバク | ユダヤ | ユダヤ音楽 | ライブ情報 | ルーマニア | レビュー | ロシア | ロシア・マイナー | ロマン派 | ヴァイオリン | 中南米 | 中国 | 中央アジア | 仏教 | 仏教音楽 | 北コーカサス(カフカス) | 北欧 | 南アジア | 南インド古典音楽 | 古楽 | 地中海 | 室内楽 | 弦楽合奏 | 弦楽四重奏 | 後期ロマン派 | 文化・芸術 | 新ウィーン楽派 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 東アフリカ | 東南アジア | 東方教会 | 東欧 | 歌謡曲・演歌 | 民謡 | 独墺 | 猫・犬 | 現代音楽 | 童謡、わらべうた | 筝曲 | 純邦楽 | 西アフリカ | 西スラヴ | 韓国